おめでとう!あなたの勝ちです!
ゲームの結果
時間:232:324
カード残数:12312
タイムボーナス:1234
トータルスコア:3424
あなたの成績表
ベストスコア:3432日付:YYYY-MM-DD
勝ったゲーム:32平均スコア:321232
プレーしたゲーム:62平均スコア:321233
勝率:23%
Facebookでいいね!
 

もう一度プレー
あなたの成績表
スコアリング方式を選択
 得点を付けない
 点数制
点数・時間制
 金額制
1組(初級)
 2組(中級)
 4組(上級)
基本統計
プレーしたゲーム:A
勝ったゲーム:A
勝率:A
連勝記録:A
連敗記録:A
現在の勝敗状況:A
スコア成績表
ベストスコア:A
日付:A
勝ったゲームの平均スコア:A
全体の平均スコア:A
時間と移動
合計プレー時間(秒):A
勝ったゲームの平均時間(秒):A
合計移動数:A
勝ったゲームの平均移動数:A
勝ったゲームの平均移動数/時:A
リセット
 
閉じる
情報

Facebookでいいね! いつでもこちらから質問できます。

 

主要なショートカットキー

フルスクリーン:F11 (ほとんどのブラウザ)
移動を元に戻す:Ctrl-Z
カードを配りなおす:F2
ダイアログボックスを閉じる:Esc

フリーセルについて

フリーセルというゲーム名は、ボード左上にある一時的にカードを保管できる場所に由来します。旧型のゲームの変化形としてPaul Alfilleによって発明されました。Alfilleは1978年にフリーセルソリティア(Freecell Solitaire)初のテレビゲームも制作しています。かねてよりWindowsでプレーできたフリーセルですが、実際にその人気に火が付いたのはWindows 95の標準付属がきっかけです。これには3万2千通りものカードの配り方があり、1994年にはその全てをクリアしようという試みがありました。このプロジェクトはほぼ1年かかり、たった1通りの配り方だけはクリアできないことが分かりました。それ以来、どれだけランダムにカードが配られてもほぼ確実にクリア可能であるとして、フリーセルはその評判を維持しています。

プレー方法は?

その他のソリティアと同じく、シャッフルされたカードを使って、スートごとにAからKまでの順にカードを整理します。整理されたカードはAから順にボードの右上にあるホームセルに置いてきます。カードをホームセルに置けるのは、同じスートのひとつ小さい数字のカードがすでに置かれている場合のみです。場札に使えるカードがない場合は、より小さい数字のカードが使えるようゲームボード上のカードを動かす必要があります。

一度に動かせるカードは1枚だけというルールがあり、その点でカードをまとめて他の場所に動かせる他のソリティアゲームとは異なります。2枚以上のカードを別の場所に動かしたい場合は、左上にあるフリーセルという場所を使う必要があります。カードを1枚ずつ動かすのは退屈になりうるため、動かせるカードの枚数は、利用できるフリーセルの数をもとに自動的に計算されます。フリーセルや空いた列にはどんなカードでも置くことができます。しかし、列にカードを重ねることができるのは、列の先頭にあるカードよりもひとつ数字が小さく、スートの色が異なるカードに限ります。

フリーセルソリティアには特別なスコアリング方法がありません。ゲームの進捗はゲームボードに残ったカードの枚数(少ない方が良い)で示されます。しかしこれは結果を比べる際には役立ちません。ゲームの勝率や、クリアにかかった時間、連勝記録などで結果を測ることができます。

ここでいくつかコツをご紹介します。カードを右クリックするとフリーセルに送ることができます。フリーセルが使えないときや、カードがすでにフリーセルにある場合は、右クリックによってカードがホームセルに送られます(可能なら)。そのゲームの進行上で使えないカードは自動的にホームセルに送られます。

閉じる

閉じる

上海麻雀

マインスイーパ

ソリティア

ソリティアスパイダー